お金との向き合い方

お金が飛んでいくイラスト お金持ちになる
ケント
ケント

お盆休みだしYoutube三昧だぜ!

ポンタ
ポンタ

もう40歳なんだし少しは身体動かさないと。

今日はお盆休み最終日。

ずっとYoutube、ポイ活、畑、そんな感じでした。

不用品整理して、ブックオフと駿河屋に集荷買取も依頼中です。

メルカリの方が高く売れるんだろうけど、売れるまで時間が掛かるからやりません。

うちの姉はメルカリやっているけど、SNSとか人とのやり取りとか苦手じゃないみたいな人なので向いているっぽい。

でも私はやっぱり苦手かな。

SNSとかも一時期はやっていたけど、段々面倒になるタチみたいなので。

まぁ、メルカリとかSNSとかは1つの例ですけど、

それ以外の事でも、人には向き不向きがあると思うので、

基本的に、みんな自分に合っているやり方で生きていけばいいと思う。

ただし、どうしても避けては通れないことが1つあります。

それは、お金との向き合い方。

小さな子供だって、物心ついたころからお小遣いやお年玉をもらいますし、

年をとってからも、年金だけで暮らしていけるのかという問題もあります。

だから、生きている以上必ずお金の事を考えなければならないのです。

私も40年生きてきて様々なお金にまつわる情報を得てきましたし、

仕事で経理をやっているので、他の人よりお金には詳しいと思っています。

実際、株の現物購入や投資信託、最近はBitCoinも買っています。

ただ、日本人はお金の話をすると卑しい事だと思っている人が多いのに、

付き合いで浪費したり、固定観念にとらわれた一般常識としての支払いが多く、

お金が貯まらない構造になっている人が多いと思います。

私も、小さいころからそういう風に育ってきました。

これは特別お金に関する教育を受けてこなかったというよりかは、

親やそういう世の中だったり、またはTVCMや広告を見ているうちに、

自分の中のお金に対するデフォルトの設定が、

自分でも気づかないうちに作り上げられていたのだと、

最近思い始めました。

これに関しては、「お金に関する教育をしてこなかった日本が悪い」、

なんていう人もいますが、私はそうは思いません。

私の好きな言葉で、「人は利によって動く」というものがあります。

「医者が治療するのは利益が得られるからだ」
「車つくりがだれもが金持ちになってほしいと願うのは人が金持ちにならなければ車が売れないからだ」
「棺桶つくりが1人でも多く早く死んでくれたらと願うのは人が死ななければ棺桶を買う者がいないからだ」
-韓非子(備内)-

病院にいくとお医者さんが治療をしてくれて、薬をくれます。心配だから1週間後にまた来るようにとも言います。これは患者に対する情があるわけではなく利益があるからなのです。

車つくりの人も他人の幸せを願っているわけではなく、棺桶つくりの人も、決して人を憎む心があるのではなく、人が死ぬことによって得られる利益があるからにほかならないからです。


韓非子はあの諸葛亮孔明が、劉備の子で暗君無能だとされている劉禅に対し、君主の教科書に選んだとされるほども名著でもあります。
現代社会にも通ずる人間学の書として自己啓発にも役に立ちます。
誰もが聞いたこともある「矛盾」や「逆鱗に触れる」も韓非子の故事成語です。

私が今まで経験したことのある日本の習慣で、お付き合い関係のものだと以下のものがあります。

1.お年玉を貰う、あげる
2.先輩や年上が奢る、差し入れ
3.バレンタインやクリスマスなど季節毎のイベント
4.忘年会、新年会
5.お中元、お歳暮
6.結婚祝い、出産祝、入学祝、就職祝
7.お通夜・葬儀での御香典、初盆参り、○○回忌
8.旅行に行った時のお土産
9.年賀状

以前の私はこれらを全部やっているのが立派な社会人だと思っていました。

先日も親から、

「従妹の○○ちゃん子供産まれるかもしれないから、その時はお祝い渡しなさいよ」

と、言われました。

こういう場合、今までは嫌々お祝いを渡していました。

なぜ渡したくないのに渡していたかというと、それははっきりと嫌な理由を言いたくない自分がいたからです。

従妹とは疎遠で年に数回LINEするくらいで私には子供いません。

だからお祝いをやって、いずれ返してもらうという事もありません。

そもそも相手の立場に立って考えても、素直に喜ぶのかどうかわかりません。私なら面倒です。

だから正直、私の親がメンツを保つためそう言っているだけだと思います。

今ならそう理解できます。

親はそう思っていないかもしれませんが、私には利益はなく、親に利益があるからです。

だから、親が私にそう言っているのです。

しかし、決して親を恨むつもりはありませんし、世間一般的にはこれが普通なのだとも理解できます。

このように、自分自身に利益があるのかどうか分からないまま、親や周りの人だったり、世間の言う通りに「お付き合い」でお金を使っている人は多いと思います。

ブラックな会社だと「お付き合い」を断ると、他の人からハブられるあるかもしれませんが、それならそういう会社は辞めるべきです。

よく考えてみてください。

給料から毎月交際費で固定で引かれ、自分の時間も奪われということを。

お金と時間の無駄です。

今は世の中の流れやコロナもあって職業柄飲み会が無くなっている状況なので、私としてはとても喜ばしい限りですが、今後また飲み会再開となった場合でもしっかりと自分の意見が言えるようになっていたいと思います。

次に、お付き合い以外の一般常識としての支払いについて、以下のようなものがあります。主に個人的な支払いです。

1.結納、結納金
2.婚約指輪、結婚指輪
3.挙式、新婚旅行
4.新車購入
5.マイホーム購入
6.敷金・礼金、他クリーニング代等、火災保険
7.生命保険、入院保険、介護医療保険、個人年金
8.NHK受信料
9.サブスク
10.ペット、ペット保険

これらすべて、支払先が会社になっています。つまりは相手先の会社が利益を得ているのです。
だから、全てにおいてセールス文句がありますよね。
女性には一生に一度のものだから、社会人として、大黒柱だから、他に希望者がいればそちらが優先、今後のために、いざという時のために、念のため、老後のために、払わないといけないから、月定額見放題、大事な家族のために...などなど。

相手も商売なので売ることに必死なのです。

これらは別の安い方法があったり、支払う必要のないものもあります。

今の自分に本当に必要かどうかよく考えて支払うべきです。

なんでここまでケチ臭い事を言っているかというと、世の中は経済で回っているからです。

経済学において資本主義とは?
資本主義(しほんしゅぎ、英: capitalism)または資本制は、国政によってよりも営利目的の個人的所有者たちによって貿易と産業が制御(コントロール)されている、経済的・政治的システム
-wikipediaより-

資本主義なので全ての有料サービスは営利目的です。

つまりどんな有料サービスも会社が儲かる仕組みになっているので、相手からすると売れないよりかは売れた方が良いに決まっています。

だから、お金が貯まらない、増えない人たちは、資本主義の仕組みにうまく取り込まれ、労働者として働き、社会から当たり前と思わせられたサービスへ何の疑いもなく出費し資本主義へ貢献させられています。また、ストレスや悩みを短期的な安い快楽(酒タバコギャンブル等)で忘れるようにして、あたかも自由に暮らしていると勘違いをしたうえで、安定した労働力として国家のために働いているわけです。

「トロピコ」っていうシミュレーションゲームがあるんですが、この内容がそのゲームまんまです(笑)
外国産のゲームなので行き過ぎるとストライキやレジスタンスによる国家転覆なんかもありますが😅

時間が溶けるゲームです。

つまり、資本主義にうまく利用されている生活から脱却し、逆に資本主義をうまく利用しないと資産を増やすことは難しいと分かりました。

資産の増やし方は、著名なYoutuberさんたちが、沢山説明してくれているので見てみると良いと思います。そんな中でも私が共感できたのは厚切りジェイソンさんです。

ただし、厚切りジェイソンさんはYoutubeやってないみたいなので、両学長のリベラルアーツ大学中田敦彦さんのチャンネルで見てみると分かりやすいです。

結論から言うと、

節約して出来たお金で毎月投資を10年20年継続するという事。

ここでいう節約上記にある内容だったりするのですが、私の性格には合っていそうだったので、やれると思いました。

そして、節約オタクふゆこさんも同じように節約からの投資で資産形成中みたいですので、私の節約&投資生活に役立っています。

ただ、この方たちと私が少し違うのは、2015年くらいに現物株をやっていた時に、桐谷広人さんが株主優待を貰っているのをみてあこがれていた時期もあり、そこから8年の時を経て、今また高配当株&株主優待の銘柄を選定しつつ購入しています。

これはなぜかというと、しばらく期間が開いていてしばらくぶりに現物株の銘柄選定をしていると、以前に比べて1年以上保有とか3年以上保有とかいう条件の株主優待が増えている気がしたからです。

つまり、どうせ10年20年の目安で長期投資しつつ、将来的には配当利回りだけで生活できたらいいと思っているので、そのためにも○○年保有が条件の株主優待のある株は安ければ買っておいた方が良いと思ったからです。

なので、まとめると、

私の資産形成計画に基づく理念は、

1.節約
2.行動力
3.投資家メンタル
4.お金持ちメンタル
5.長期継続

”The most powerful force in the universe is compound interest.”
「複利は人類史上最大の発見である」

-Albert Einstein-
ケント
ケント

アインシュタインも複利はすごいって言ってるんだね!

ポンタ
ポンタ

説得力あるよな~

コメント

タイトルとURLをコピーしました