お金の教養

教養のイラスト お金持ちになる

お金に関する教養を身につけることは、将来の財政的な安定や成功に向けて重要です。

1. 予算管理:
– 収入と支出を見直し、予算を立てることが重要です。毎月の支出と収入を記録し、無駄遣いを減らす努力をすることで、財政的な安定を築くことができます。
2. 債務管理:
– 借金を適切に管理し、高金利の借金を迅速に返済することが重要です。借金を持つ場合は、返済計画を策定し、借金を返済するための努力を怠らないようにしましょう。
3. 投資:
– 投資はお金を増やす方法の一つです。株式、債券、不動産など、さまざまな投資オプションがあります。投資についての知識を積み重ね、リスクを管理しながら資産を増やす方法を学びましょう。
4. 緊急時の備え:
– 緊急時や予期せぬ支出に備えるために、緊急貯金を持つことが重要です。緊急時の備えができていると、突発的な支出に対処しやすくなります。
5. 税金と法的な事項:
– 自分の所得税や法的な責任について理解し、適切に申告や納税を行うことが重要です。税金の最適化や法的なリスクを最小限に抑える方法を学びましょう。
6. 金融教育:
– お金に関する知識を向上させるために、本やウェブサイト、セミナーなどを活用し、金融教育を受けることが役立ちます。
7. 目標設定と計画:
– 将来の財政的な目標を設定し、それを達成するための計画を立てることが大切です。目標を持つことは、財政的なモチベーションを高めるのに役立ちます。
お金の教養は個人の状況や目標に応じて異なることがありますが、これらの基本的な原則を理解し、実践することで、財政的な健全性を維持し、将来に備えることができます。金融アドバイザーと協力したり、専門的な助言を受けたりすることも、お金の教養を向上させるのに役立つことがあります。

・家は買った方がいいの?借りた方がいいの?
・生命医療保険に未加入だと危険?
・将来もらえる年金で生活ができるの?
・お金持ちでも不幸な人、収入が少なくても幸せな人がいるのはなぜ?
—全ての疑問に答えてくれる本です!

お金の管理が下手な人は、まず何かをしようとします。

いきなり何かをしてはいけません。順番が違います。

最初にやるべきことは教養を身に付けることです。

理屈を理解していないのに行動をしようとしても上手くいきません。

つまり、知識→目標→計画→行動が必要です。

・お金に関する悩みがあると感じたのならば、まずは知識を身に付ける必要があります。

・そのあとに、なぜお金が必要なのか、節約をして何をしたいのか、等を明確にします。

・そして、それをするにはどうすれば良いのか計画を立てます。

・最後に計画通りに行動をしてみて、うまくいかない場合はまた計画を練り直します。

この繰り返しです。(仕事でもPDCAがありますよね。)

西尾維新さんの物語シリーズで、名言があります。

「無知は罪だけれど、馬鹿は罪じゃないものね。 馬鹿は罪じゃなくて、罰だもの」

–戦場ヶ原ひたぎ

物価上昇が続く昨今、何もせず政治家のせいにしてただ嘆いているだけの人は多いです。

政治家に対する批判は共感しやすいのでSNSなどでよく流れています。

みんな共感する仲間がいると心強いですものね。

しかし、ただSNSを見て共感をしても自分自身は何も変わらないのです。

まずは知ろうとすること。それが行動の第一歩となり、この日本で生き抜くための糧となると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました