スナック菓子の健康被害

お菓子 食事
スナック菓子が引き起こす可能性のある健康被害について
1. 肥満:スナック菓子は通常、高カロリーで脂肪や糖分が多く、過剰な摂取は肥満の原因となる可能性があります。肥満は心血管疾患、糖尿病、関節疾患などのリスクを増加させることが知られています。
2. 心血管疾患:スナック菓子に含まれる飽和脂肪酸やトランス脂肪酸は、動脈硬化や高血圧のリスクを増加させる可能性があります。
3. 糖尿病:スナック菓子の高糖分摂取は、糖尿病の発症リスクを高めることがあります。特に、糖分が多い加工されたスナック菓子は、血糖値の急激な上昇を引き起こすことがあります。
4. 歯の健康問題:多くのスナック菓子は砂糖が含まれており、過剰な砂糖摂取は虫歯や歯周病のリスクを増加させる可能性があります。
5. 食事の栄養バランスの乱れ:スナック菓子を多く摂取することで、バランスの取れた食事を妨げる可能性があります。これにより、必要な栄養素を不足させるリスクが高まります。
6. 腸の健康への影響:スナック菓子は通常、食物繊維が少なく、腸の健康に影響を及ぼす可能性があります。食物繊維不足は便秘や腸のトラブルの原因となることがあります。
7. 食品添加物:一部のスナック菓子には食品添加物が含まれており、個人によってはこれらの化学物質に対する過敏症反応を示すことがあります。
健康を害する可能性を最小限に抑えるためには、スナック菓子を適度に楽しむことが大切です。健康的な食事、適度な運動、バランスの取れた食事を重視し、スナック菓子は食事の一部として摂取するように心がけましょう。また、栄養ラベルを確認し、高糖分や高脂肪のスナック菓子を制限することも重要です。
私自身、中学生の頃、原因不明の便意を伴う腹痛に悩まされました。
当時は今の様にインターネットも無く、スナック菓子が起こす様々な症状を認識していませんでした。
でも、今日気づきました。
最近は、食費節約のためにスナック菓子類はほとんど食べなくなっていたのですが、
昨日久しぶりに1袋食べたら、今朝方から胸やけ、数時間続く便意、異臭を放つ大便、
中学生の時を思い出しました。
少し前も、油が多めのインスタントラーメンをスープまで全て飲んだら次の日の朝下痢をしました。
ネットで調べると、「過剰な油分や脂肪は、一時的な脂肪消化不良を引き起こす可能性があり、それが下痢の原因となることがあります。」ともありました。
納得です。
今は全て自分で食べるものも管理しているのですぐに不調に気付きます。
しかし、子供だと、親の買ってくるものや普通にお店で売られているものを疑って食べることはありません。
また、私が中学生の時、親に症状を訴えると病院へ連れて行ってもらいましたが、「過敏性腸症候群」かもしれないと言われました。
病院からは、ビオフェルミンや胃腸薬を貰って、「ストレスを抱え込まないように」と言われただけです。
変に、「ストレスを抱え込まないように」言われると、逆にストレスになります。
本当に病院へ行く場合は、まず食生活や日常生活環境(十分な睡眠をとる)などを整えてから行った方がいいです。
もし、お子さんが腹痛や大便、便意、下痢、等で悩んでいる時は、その日や前の日にお菓子を食べてないか聞いてみてください。
慢性化していたら、それが原因だと気づきにくいです。
お菓子を食べ過ぎると食事が入らなくなるので、悪い循環が生まれます。
お菓子は美味しい味付けをされているので依存性もあります。
このブログではよくお金の話をしていますが、食事についても基本的な考え方は同じだと思います。
自分でよく調べ買う事が大事です。
この世の中は、我々を搾取するように造られています。

その事に早く気づいて
自分自身で身を守る術を身に付けることが
この世の中で自由に生きていく方法だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました