R5.12 経費

お金持ちになる
水道光熱費 8,994
家賃 143,000
車両費 8,576
食費 21,456
教養娯楽費 4,277
通信費 5,200
雑費 2,200
日用消耗品 0
医薬品 0
医療費 768
被服費 1,893
消耗品 9,354
接待交際費 25,000
租税公課 1,062
合計 231,780

R6年初めに中古の家を買うことにしたので、その前金として10万円を家賃代として計上。

それを差し引いても131,780円あります。

接待交際費は出産祝いとR6年正月のお年玉と誕生祝い。

それを差し引いても106,780円と、10万円を超えているわけで。

食費が膨れていますが、これは肉の安売りにつられて買っちゃった結果です。

正月空けても冷蔵庫がパンパンです。

引っ越しもあるので、少しずつ冷凍庫も片づけたいです。

1月は食費減るかな?

あと、消耗品類は、寒さに我慢できず、電気式毛布やニトリの暖かグッズを買った分。

ボーナス出ても我慢してた気がしたけど、結構違うとこで出費はちゃんとしてましたね。

こうやって家計簿付けるとよくわかります。

ホント、家計簿大事。

 

R5.12月経費予算オーバー
・仲介手数料・・・100,000円
・交際費・・・・・25,000円
・暖かグッズ・・・9,000円
・食費・・・・・・5,000円

12月末時点の資産は290万くらい。

積立NISAとiDeCoはやれているのし、ボーナス使わなかった分もあるので、12月も順調に資産は増えましたが、年内に300万円いきたかったけど、もうちょいだった。

5月から資産貯蓄初めて、家計簿付けだしたけど、7カ月で150万円増えました。

R6年の引っ越しは自分でするので引っ越し代は掛からないけど、軽トラレンタルをしようと思う。

また、現在の家を1年で退去するので、家賃1ヶ月分とクリーニング代と畳の表替え費用を払わないといけないらしい...。畳は1年しかたってないから替えなくても良いかもしれないが。

退去時費用として10万円は見といた方が良いかもしれない。

あと引っ越し先の不動産屋へ前払いリフォーム等費用として30万円を1月に払う予定。

それが終わり、入居すれば、毎月借入金を68,000円ずつ返済予定で5年で完済です。

今年(R6年)はそこそこ出費はあるが、将来的にはプラスになるはずだから、良いと思った。

また、今年は会社が車を買ってくれるので、それもあるから、出費はさらに減る。

さてさて、今年は、投資信託や株等だけで500万円到達したいですね。

最後に、

定期的に、ミニマリストや片付け、節約の情報を書籍や動画で入れていくのはとても大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました